最新の投稿記事

風俗体験談

岐阜金津園の名門『ルネッサンス』体験記

岐阜県金津園は言わずと知れた風俗街で、全国でも吉原に次ぐ規模を誇っています。
岐阜県というと郊外の観光地的イメージがありますが、実は名古屋から電車で約30分と近く、繁華街としても賑わいのある街です。
岐阜駅という主要駅のすぐそばにソープ街があり、その利便性の良さから関東、東海、北陸以外からでもソープランド目当てのお客が押し寄せます。
愛知県は経済都市として勢いがあり、ソープランドが極端に少ないことから、金津園ソープ街はビジネスマンの御用達となっているようです。
金津園の特徴は伝統的なスタイルでクオリティーが高く、全ソープランドの比率からいうと高級店が多いということでしょう。
接客態度にうるさいソープ通でも金津園なら気持よく遊べるようで風俗店としてというより、接客業の基本がしっかりとできている印象があります。
もちろん男性スタッフも堅苦しいほどの丁寧な対応をする店舗が多く、20代前半の男性客では少したじろいでいまう人も中にはいるようです。
金津園で高級店4店舗を束ねる「R-グループ」は有名で、格式を重んじ、わがままになりやすいソープ・コンパニオンに徹底的な接客とプレイの教育を施す高級ソープランド・グループです。
どの店舗も高級感あふれる建物、設備、サービスで、安定感は抜群です。
「ソープランドとは元来どんなものか?」ということを知りたければR-グループのドアを叩くとよいでしょう。
今回訪れたのはそのR-グループの中の一つ『ルネッサンス』です。
ヨーロピアンな外装と内装、申し分の無い高級店です。
ノートパソコンをホテルで開き、ホームページの雰囲気で決めて名古屋から電車に乗り岐阜駅に降り立ちました。
改札を出たところで電話を入れましたが、まさに「飛んでくる」勢いで高級セダンのお出迎えがあり、ドアを開けられVIP待遇にて入店いたしました。
徒歩でも10分くらいのところですが、これも高級店を楽しむ一つの方法としてお願いさせてもらいました。
時間待ちの無い嬢が3名と少なかったのが残念ですが、そこそこの粒ぞろいで、ロリフェイスなS姫をオーダーし、受付を済ませました。
基本コースは110分60,000円と130分70,000円の2コースで、初回のみ5,000円の会員入会費がかかります。
対面したロリフェイスで巨乳なS姫は見た目に反し、高度な敬語で話をするので驚きました。
エレベーター前で三指付かれて挨拶され、どんな態度を取っていいか分からくってしまいます。
個室に入ると服を丁寧に脱がされて即フェラが始まり、プレイ中も一貫して敬語で喋られて、変な興奮を覚えます。
ベッドでのプレイは最高で、うら若き少女を味わう悪代官の気分です。
マットはパスしてトータル2回の発射で終了となりました。
ピロートークでやっと敬語を止めてくれたので、少し親近感が湧いてうれしくなり、暫くの間イチャイチャタイムでタイムオーバーです。
エレベーター下まで送ってもらって会員カードを受け取り退店しました。
次回来れるのが半年後…その頃までSを姫が在籍していてくれるのを願うばかりです。