最新の投稿記事

風俗体験談

”ジェエネレーションギャップ”はどの時代に生きる人でも感じるものです。
ただし、現代のように「生まれたときからスマホやネットがあった」といった子どもたちがいるような激動の時代に生きていると、子供の頃駄菓子を食べていたおじさんたちにはつらい部分が多いようです。
そして、そういった時代の波はソープランドを始めとする風俗業界にも押し寄せています。
とくに神戸福原のような大型の歓楽街で働くソープ嬢などは、その変化を如実に表わしているのです。
ソープランドをより楽しむためには、ソープ嬢とのコミュニケーションも大切な要素です。
福原に増えている「新世代ソープ嬢」の性質を知っておいて損はないでしょう。

●まず福原ソープ嬢の世代を知るべき
ソープ嬢として営業できるのは、法令では18歳以上となっていますが、各自治体の方針などに影響され、多くは20歳上というのが定番です。
しかし福原の場合は法令どおり「18歳以上」となっているので、”未成年”のソープ嬢が数多く存在します。
18歳と20歳では2つしか違いませんが、女性の成長過程の中では非常に大きな差です。
まずはこの事実をしっかりと把握しなくてはなりません。

ソープ嬢の接客術を考えるとき、すべてが「接客指導」に頼るものではありません。
ソープ嬢になる前の人生の蓄積が接客に現れる要素は大きく、未成年の場合ではどれだけ性格が良くても、コミュニケーションの”技術不足”があるのはいたしかたのないことなのです。
年齢層の低いソープ嬢とうまくコミュニケーションを交わすためには「寛容の心」が必須だということを先に述べておきます。

●決して「スレていない」福原のソープ嬢
昔のソープ嬢は若い時代の苦労がたたり、どこかスレている印象が否めませんでした。
性格が悪いというわけでもないのですが、どこか異世界の住人・・・Vシネマに出てきそうな女性が多かったのです。
しかし、最近の福原界隈で働くソープ嬢たちの中には(とくに大衆店以下のお店の)、私達一般人と非常に近い価値観で生きているような子が多く、ソープランド以外でであっても”その業界の人”とは気づかないような子たちなのです。
良い意味で職業病を患っておらず、違う見方をすると”素人っぽい”とも言えるでのしょうか。

とにかく接客ではない本心で話しても、意思の疎通を図るのが容易な子が多い印象です。
とくに若い世代のソープ嬢は、大学の奨学金などで苦労していることもあり、将来を諦めていません。

昔のソープランドに多くいた、「ソープに堕ちてしまった・・・」という感じの女の子は今の福原では見かけなくなりました。

●精神的に安定している
ピンサロやヘルスが台頭してきた時期には、しょっちゅうお客とトラブルを起こすような情緒不安定なコンパニオンが多く見られました。
「体で稼ぐ」という特殊な商売柄、そういった子が多かったのも仕方のないことかもしれません。

福原のソープ店にも、過去にはそんな子がいたのは事実です。
しかし、最近福原を何店舗かまわって接客を受けてみると、人気の有る無しにかかわらず、みな精神状態が安定しているのです。

逆に言えば、「なんでそんなにまともなのにソープ嬢やってるの?」と聞きたいくらいです・・・。
経済難など事情はたくさんあるようですが、一世代前とは打って変わってソープ嬢たちは平和で穏やかなのです。

●「お仕事系」を感じさせる子が多い
昔はソープ嬢になる前には水商売を経験した子が多かったようですが、現在ではそのルートは少なくなってきているようです。
キャバクラやクラブなどは以前よりも稼げなくなり、市場が縮小していることがその原因なのかもしれません。

ただ、そういった「男と女の商売」を経験してきた子は、”さりげない所作”のような、言葉にできない雰囲気を作るのがうまかったのも事実です。
これに対して現在の福原あたりのソープ嬢は、「仕事を頑張って稼ぐ」という意識が先立ち、どこか”お仕事系”の印象を受けます。

ただ、そのお仕事系にもメリットはたくさんあります。
それは、プレイの上手さやズルをしない誠実さ、いつ行ってもコンディションがよく期待はずれがないことなど、職業女性としての最低限度を保てていることです。

風俗において大きな問題になる「地雷嬢」の遭遇率も、福原ではかなり低いのです。

●まとめ
新世代ソープ嬢は福原を始めとして、全国ソープ街の主流となりつつあります。
プレイ目的・ナンパ目的と、男性客はそれぞれの思いを胸にいだいて登楼するでしょうが、まずは彼女たちの性質や価値観を熟知して挑むことが大切ですね。